2010年04月24日

CAD講座 練習問題7

CAD講座 練習問題7

形状モデルを見る場合に、立体感を表現する技法を何というか?

(1)シーエスジー
(2)レイトレーシング
(3)テクスチャマッピング







解答 (2)


●レイトレーシング

形状モデルの各画素と視点の交点をすべて計算して、反射光や映り込みなどを含めた画像を反映させる技法。


●テクスチャマッピング

設計された形状モデルの想定素材によって、その素材の表面の模様やきめなどのテクスチャを形状モデルに貼り付ける技法。


●シーエスジー

プリミティブといわれる基本形状要素の集合演算に基づいて、3次元形状をコンピュータで表現する。
ソリッドモデル作成のための技法になる。

※関連事項

●シェーディング機能

3次元形状の立体感を表現するために、陰影を処理する機能の全体的な呼び方。
レイトレーシングは、このシェーディング機能の一つになる。


●スキャンライン

各走査線(スキャンライン)ごとに走査面と形状モデルの交点を求めて、陰線・陰影を処理する機能。

●Zバッファ

形状モデルの奥行値を2次元バッファで求める技法。


●画像マッピング

写真、CG、数学的に発生させた画像データを使う技法。


●バンプマッピング

想定する素材に応じて、物体表面に陰影を加えて、凹凸があるように見せる技法。


●環境マッピング

金属的な質感を持たせるために、形状モデルがある仮想空間内の周囲の状況を貼り付ける技法。


●ソリッドテクスチャ

木目など素材の模様が3次元に定義されているときに、立体的にテクスチャを貼り付ける技法。













解答 (2)


●レイトレーシング

形状モデルの各画素と視点の交点をすべて計算して、反射光や映り込みなどを含めた画像を反映させる技法。


●テクスチャマッピング

設計された形状モデルの想定素材によって、その素材の表面の模様やきめなどのテクスチャを形状モデルに貼り付ける技法。


●シーエスジー

プリミティブといわれる基本形状要素の集合演算に基づいて、3次元形状をコンピュータで表現する。
ソリッドモデル作成のための技法になる。

※関連事項

●シェーディング機能

3次元形状の立体感を表現するために、陰影を処理する機能の全体的な呼び方。
レイトレーシングは、このシェーディング機能の一つになる。


●スキャンライン

各走査線(スキャンライン)ごとに走査面と形状モデルの交点を求めて、陰線・陰影を処理する機能。

●Zバッファ

形状モデルの奥行値を2次元バッファで求める技法。


●画像マッピング

写真、CG、数学的に発生させた画像データを使う技法。


●バンプマッピング

想定する素材に応じて、物体表面に陰影を加えて、凹凸があるように見せる技法。


●環境マッピング

金属的な質感を持たせるために、形状モデルがある仮想空間内の周囲の状況を貼り付ける技法。


●ソリッドテクスチャ

木目など素材の模様が3次元に定義されているときに、立体的にテクスチャを貼り付ける技法。



posted by cad1point at 10:24| Comment(0) | CADシステムの基本機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。