2010年04月25日

CAD講座 練習問題8(正誤問題)

CAD講座 練習問題8(正誤問題)

ソリッドモデルとは、3次元形状を面分によって再現したモデルである。
















解答 ×

面分によって表現されるのは、サーフェースモデルと呼び、針金で作った表面の上に張り紙をするような技法です。

ソリッドモデルは、粘土で作った形状のように質量をもったモデルをいいます。

問題7のソリッドテクスチャの解説も参照してください。



posted by cad1point at 11:00| Comment(0) | CADシステムの基本機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。