2010年04月22日

CAD講座 練習問題5(正誤問題)

CAD講座 練習問題5(正誤問題)

図面情報の一部である寸法を変更して、図形を変形させる機能をカスタマイズ機能という。







解答を見る
posted by cad1point at 09:27| Comment(0) | CADシステムの基本機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

CAD講座 練習問題6

CAD講座 練習問題6

表示や編集を行う対象の要素を限定して、複雑な図面の操作を簡単にする機能を何というか?

(1)フィル
(2)スナップ
(3)レイヤ






解答を見る
posted by cad1point at 09:54| Comment(0) | CADシステムの基本機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

CAD講座 練習問題7

CAD講座 練習問題7

形状モデルを見る場合に、立体感を表現する技法を何というか?

(1)シーエスジー
(2)レイトレーシング
(3)テクスチャマッピング







解答 (2)


●レイトレーシング

形状モデルの各画素と視点の交点をすべて計算して、反射光や映り込みなどを含めた画像を反映させる技法。


●テクスチャマッピング

設計された形状モデルの想定素材によって、その素材の表面の模様やきめなどのテクスチャを形状モデルに貼り付ける技法。


●シーエスジー

プリミティブといわれる基本形状要素の集合演算に基づいて、3次元形状をコンピュータで表現する。
ソリッドモデル作成のための技法になる。

※関連事項

●シェーディング機能

3次元形状の立体感を表現するために、陰影を処理する機能の全体的な呼び方。
レイトレーシングは、このシェーディング機能の一つになる。


●スキャンライン

各走査線(スキャンライン)ごとに走査面と形状モデルの交点を求めて、陰線・陰影を処理する機能。

●Zバッファ

形状モデルの奥行値を2次元バッファで求める技法。


●画像マッピング

写真、CG、数学的に発生させた画像データを使う技法。


●バンプマッピング

想定する素材に応じて、物体表面に陰影を加えて、凹凸があるように見せる技法。


●環境マッピング

金属的な質感を持たせるために、形状モデルがある仮想空間内の周囲の状況を貼り付ける技法。


●ソリッドテクスチャ

木目など素材の模様が3次元に定義されているときに、立体的にテクスチャを貼り付ける技法。



解答を見る
posted by cad1point at 10:24| Comment(0) | CADシステムの基本機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

CAD講座 練習問題8(正誤問題)

CAD講座 練習問題8(正誤問題)

ソリッドモデルとは、3次元形状を面分によって再現したモデルである。






解答を見る
posted by cad1point at 11:00| Comment(0) | CADシステムの基本機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

CAD講座 練習問題12(正誤問題)

CAD講座 練習問題12(正誤問題)

境界表現とは、定義済のプリミティプを組み合わせて、立体形状を定義する手法である。







解答を見る
posted by cad1point at 11:36| Comment(0) | CADシステムの基本機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

CAD講座 練習問題13(正誤問題)

CAD講座 練習問題13(正誤問題)

3次元形状の描画で、要素の持つ表面の模様を貼り付けて、現実に近い質感を与えることを、シェーディングという。






解答を見る
posted by cad1point at 16:34| Comment(0) | CADシステムの基本機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

CAD講座 練習問題18(正誤問題)

CAD講座 練習問題18(正誤問題)

選択した図形を]軸方向はそのままで、Y軸方向にのみ伸ばしたい場合に使用するコマンドは拡大・縮小である。








解答を見る
posted by cad1point at 17:00| Comment(0) | CADシステムの基本機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。